アンテナ工事には電波調査が必須!~電波調査の原因を知る~

原因別の電波障害解決法

電波障害の原因は1つではなく、いろんな条件や環境が重なって起こります。そのため、電波障害の原因別の対策を立てることが大事になります。ここでは原因別の解決策を紹介しますので、参考にしてください。

近くにマンションがあって電波をうまく受信できません。電気工事の際はどのように解決するんですか?
近所に高層マンションやビルが建っている場合は、共同アンテナを設置して地デジ電波を受信します。既に共同アンテナを設置しているマンションやビルがあるなら、そこから電柱を使用して各家庭で地デジ放送が視聴できるように改修工事を行ないます。
送電線による電波障害でテレビが映りません。アンテナを立ててテレビを見たいのですが、良い解決方法はありませんか?
古い送電線付近では電波障害が起こるケースもあります。送電線による電波障害を解決するためには、UHFアンテナを立てることで解決します。UHFとは、300MHzから3GHzまでの極超短波と呼ばれる電波です。小型の家庭用UHFアンテナを販売していますので、購入して設置しましょう。

まずは電波調査が肝心

現在は地デジ対応のアンテナ設置工事を行なう前に、電波調査をしてくれます。そのため、電波障害が発生するエリアでも、適切に対処をして快適に視聴することができます。特殊な機材を設置や設置するアンテナの種類をアドバイスしてくれる業者も存在しています。電波調査を無料で行なっている業者もありますので、探してみましょう。特に、周辺環境の診断、電界強度やノイズ診断をきちんと行なっている業者に、無料電波調査を依頼すると良いでしょう。

TOPボタン